ビデオポーカーと通常のポーカーとの違い

オンラインカジノには、ビデオスロットと呼ばれるゲーム画面でプレイするカジノゲームがあります。
同様にポーカーにも、ビデオポーカーと呼ばれるジャンルのゲームが展開され、連日多くの利用客のアクセスがあります。
今回、このビデオポーカーの概要を紹介し、その魅力や注意点、実際のポーカーとの違いなどにも注目し、紹介します。

これを読めば、きっとオンラインカジノのビデオポーカーがどんなものなのか分かるのではないでしょうか。
それでは、ビデオポーカーの概要からお話ししていきましょう。

ビデオポーカーとはどんなゲームなのか

ビデオポーカーとはどんなゲームなのか
オンラインカジノにおけるビデオポーカーとは、端的にいえばゲーム画面で5枚のカードの役を作るゲームです。
最初にチップをベットして(賭けて)、全自動で手元のカードが裏返ってカードの絵柄が表示されます。
そして、ホールドするカードを選んでいき、操作をするとホールドされたカード以外が変化します(新しいカードがディール(配布)される)。

この結果、実際のポーカーと同様に役が完成していれば配当金がもらえ、できなければベットしたチップが全没収されます。
さらにダブルというルールがあり、この勝負に勝つと配当金が一気に上がり、負けると全没収というゲームも楽しめます。
これら一連の流れが、ゲーム画面でスピーディーな全自動進行によって行われるのがビデオポーカーです。

ビデオポーカーの魅力とは

ビデオポーカーの魅力とは
ビデオポーカーの魅力は、テンポがスムーズ、シンプルで分かりやすい、攻略法が利用できるといった点です。
ビデオポーカーは、多くのゲーム同様に全自動で進行していきます。

そのため、非常に判定やディールがスピーディーでテンポよく進行するというメリットがあります。
これによってどんどん勝負をかけることができ、ゲームの進行にストレスを感じることがありません。

また、チップの報酬の計算も迅速なので、勝てばすぐに加算される仕組みも魅力と言えるでしょう。
シンプルで分かりやすいのも特徴です。

必要なカードだけをホールドして、あとはディール後に勝負し、報酬が得られるかどうか判定してくれるという点はとても簡単です。
例え難しいルールを覚えなくとも、例え外国のオンラインカジノで言葉が分からなくとも、ビデオポーカーであれば感覚的に遊ぶことができます。
こういった点も魅力として挙げられるでしょう。

攻略法が利用できるのも、ビデオポーカーならではです。
ポーカーにはこの役が来たら、どう対処すればいいかという勝率を上げるテクニックがあります。

例えば、フルハウス以上の役が完成しているならすべてホールド、ハイペア(J以上のペア)なら2枚ホールドしてあとは交換といった形です。
この攻略法とも言えるテクニックを全て暗記するのは困難です。

しかし、実のカジノではそういった攻略法が書かれたカンニングペーパーを用意することは、ルール違反とみなされる危険性もあります。
一方ビデオポーカーでは、そういったチェックが入ることはまずありません。

そのため攻略法の書かれた文章データを出したり、プリントアプトした用紙を横に置いたりして、より勝率の高いプレイができます。
こういった点がビデオポーカーの魅力と言えるでしょう。
もちろん実際のポーカーでは、不可能な特殊効果や音声といった演出もビデオポーカーならではです。

オンラインカジノのビデオポーカーの注意点とは

オンラインカジノのビデオポーカーの注意点とは
オンラインカジノのビデオポーカーでの注意点とは、第三者機関のチェックが入っていないビデオポーカーがあるという点です。
基本的にビデオポーカーは、GamCare、GambleAware、eCOGRAといった第三者機関がイカサマのないビデオポーカーかどうかをチェックしています。

しかし、そういったチェックの入っていないビデオポーカーが堂々と公開されていることも少なくありません。
こういったビデオポーカーは、非常に可能性が低いもののイカサマができる可能性を秘めています。

実際にカードをシャッフルしてポーカーをするものではないため、出るカードの種類を自由自在にプログラミングできるという特徴があります。
これによって容易に不正をすることが可能です。

そういったことにならないように、第三者機関がチェックを入れているのが基本です。
しかし、チェックを入れていないものに関しては、もしかしたらイカサマに遭うリスクはあるかもしれません。

実際のポーカーとの違いは?

実際のポーカーとの違いは、役の判定、プレイする相手が挙げられます。
役の判定は、通常のポーカーであればワンペアは、カードの数字や絵柄が揃っていればカウントされる仕組みです。

一方ビデオポーカーでは、10~Kのペアでないとペアとしてカウントされないことが挙げられます。
もちろん機種によっては通常のカウントがされるものの、こういったシビアな判定を行っている機種もあります。プレイする相手も異なります。

プレイヤーとディーラーというカジノのスタッフとの対戦が、実際のカジノです。
しかし、ビデオカジノの相手はコンピューターです。

これによって心理的な駆け引きがないため、ポーカーに慣れている方であっても違和感を感じるかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*